プラントの定修の仕事の魅力にはどんなものがあるか

2021年6月3日 at 4:24 AM by admin


機械設備に関する専門的なスキルを活かすことができる

プラントの定修に携わる技術者は、生産工場内のクレーンやダクト、リフトなどの劣化状況について点検をしたり、修繕の必要性について判断をしたりと業務を通じて専門的なスキルが要求されます。特に、規模が大きい工場においては少数精鋭の技術者が定修を担当するケースも多く、専門性の高い人材が不可欠になっています。国内に複数の生産工場を置いているメーカーにおいては、優秀なプラント定修の技術者を確保するため基本給や手当の見直しをしたり、キャリアアップのための制度を整えたりと様々な取り組みが行われています。そこで、機械設備に関する専門的なスキルを活かして働きたい人は、志望企業の技術者のキャリアパスや現場内での役割について、就職活動中にきちんと把握をすることが大切です。

キャリアを積んで条件が良い企業に転職することも可能

プラントの定修のキャリアが長い人は、大手メーカーをはじめとして引く手あまたの状況となっており、定年まで高収入を稼ぐことが可能です。例えば、複雑な機械設備の定修業務を得意とする人や、若手の技術者の育成ができる人は、転職後に高待遇で働けるケースも少なくありません。そのため、少しでも良い待遇で技術者として働きたい人は、将来に繋がるキャリアを積める企業を就職先に選ぶことがポイントです。また、勤務先によって、プラントの内部の技術者が担当する業務の幅の広さが異なるため、理想的な形でキャリア形成を図るには、早い時期に自分の適性や能力に合う職場を見極めることが肝心です。

定修(ていしゅう)」とは定期修理の略です。設備のトラブル予防などを目的に、点検や交換、洗浄、改造などをおこないます。規模が大きい、専門技術が必要、といった場合は外部の協力を得ながら進めるそうです。

定修 とは

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930